PEST分析とは

NO IMAGE画像

PEST分析はマーケティングにおけるフレームワーク

PEST分析とは、アメリカの経済学者であるフィリップ・コトラー氏により提唱されたことで有名となったマーケティング手法の1つです。
PESTとは、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の頭文字を取ったものです。

P(政治的要因)には、規制や法律といった市場ルールを変えてしまうものが当てはまります。
具体的には法律、法改正、政治、政権交代、税政、増税・減税、裁判制度などです。
E(経済的要因)の場合、景気の動向など価値連鎖に関わるものとなり、経済成長率や物価、消費動向、為替・株価・金利なども考えられます。

S(社会的要因)には、少子高齢化など人口の推移、変化など需要に大きく影響を与える要因があります。
人口密度・動態、流行や世論、世帯、老齢人口・少子化、教育・言語・宗教などです。
E(技術的要因)はIT技術のように競争ステージでの影響が大きいものであり、新技術の完成・投資、インフラ、IT活用、特許、イノベーションなどがあります。

PEST分析を行う目的

数あるフレームワークの中でも、PEST分析は事業活動において最初の段階でしておくべき手法と言われています。
提唱者であるフィリップ・コトラー氏も、著書の中で「調査をしないで市場参入をすることは、目が見えない状態で市場参入するようなもの」と例えていますので、マクロ環境の分析は事業の成功にいかに重要かが理解できるでしょう。

事業を成功に導くためには、景気やテクノロジーといった外部環境(マクロ環境)の要因が大きく関わってきます。
つまり、マクロ環境を知らなければ、有意義な事業の戦略立案を考えることができないとも言えます。
そのような企業を取り巻くマクロ環境を分析するフレームワークが「PEST分析」です。
PEST分析をすることで、どの業界に、どのような手段で参入すればよいのか、起こりうるリスクに備えながら柔軟に戦略を考えることができるのです。

PEST分析の方法とポイント

PEST分析は、まず何のための分析かという「目的を確認すること」からスタートします。
次にPESTの分野からそれぞれ情報収集をして、具体的な調査結果を探し出せたら、「環境変化」と「チャンスとリスク」の2つの観点から情報の整理を行いましょう。

PEST分析だけにとどまらず、関連する他のフレームワークにも互いに落とし込むことで分析を深めることも大切です。
PEST分析でポイントとなるのは、マクロ環境における「変化」を見逃さないことです。
その変化を上手にキャッチすることができれば、世の中の流れやトレンドに乗って商品開発を行い、営業戦略を展開して大成功を収める可能性が見えてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です