ファイブフォース分析とは

NO IMAGE画像

業界分析に役立つファイブフォース分析

ファイブフォース分析とは、競争戦略論で知られるマイケル・ポーター氏により提唱された、業界の収益性を分析するためのフレームワークです。
ファイブフォース分析をすることで業界分析が明確になり、企業の経営環境の分析に役立てることができます。
ファイブフォース分析では、業界構造を「競争業者」「新規参入業者」「代替品」「売り手」「買い手」の5つの要素に分けて収益性を分析します。

ファイブフォース分析の5要素の定義

「競争業者」において収益に影響をもたらすのは、業界内での企業間競争です。
すでに寡占化されているなら競争は穏やかですが、同じ規模の企業がたくさん存在する場合は競争が激化し、経営戦略が求められます。
収益性が見込めない企業においては、事業を撤退することも選択肢の1つとなります。

「新規参入業者」では、業界に新規参入業者が増加すれば競争が激しくなり、収益性が低くなるため企業に脅威を与えます。
特に新規参入がしやすい業界では、一度は収益が上がったとしても、すぐ新規参入業者が現れるため収益性は落ちてしまいます。
新規参入業者と差をつけるため、自社独自の強みを強化するなどの経営戦略が求められるでしょう。

「代替品」の脅威とは、既存の商品やサービスに取って代わる、ユーザーのニーズを満たす商品やサービスが出てきたときの脅威です。
費用対効果が既存品より優れている場合、市場は代替品に奪われて収益性が落ちてしまいます。

「売り手」が強い交渉力を持つ場合、収益性に影響を及ぼします。
部品や原材料など寡占化された業界や独占技術を持つ売り手の場合は、高いコストを強いられ、収益性は低くなってしまうためです。

「買い手」も同様に、顧客の値下げ交渉や品質向上の要求が強いと収益性が上がりにくくなります。
大きな購買力のある顧客を相手にする業界では、売り手がギリギリまで値引きを迫られ、大きな収益性は見込めません。

ファイブフォース分析を行うことの目的と意味

ファイブフォース分析を行う目的は、主に「収益性の向上」「新規参入・撤退の判断」「経営資源の最適配分」と言われています。
ファイブフォース分析によって企業の競争優位性を明確にし、どのようにすれば収益性を上げることができるか戦略を立てることが可能です。
新規参入、代替品といった将来的なリスクにも備えることができるため、実際そうなったときにもスムーズに対応できるでしょう。

また分析によって自社の企業の経営環境が明らかになれば、新規参入あるいは事業撤退の判断材料にもなりえます。
経営戦略を考える上で、経営資源をどう活用するかは重要な要素です。
ファイブフォース分析により強みや脅威を知ることで、最適な配分を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です