DX戦略について

NO IMAGE画像

DXとはIT技術を使って新しい価値を創り出す概念

DXとは、デジタル・トランスフォーメーションの略で、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授が2004年に提唱した概念のことです。
これは「IT技術により新しい価値を創造し、人々の生活を豊かにする」という考え方を示しています。

いまや世界中で目まぐるしく経営変革が行われ、デジタルによる生活革新はいまや夢物語ではなくなっています。
日本でも多くの企業がDX戦略を用いた取り組みに着手しつつありますが、残念ながらDX戦略に関して日本は世界に大きく遅れをとっていると言われています。

DXはただ最新のテクノロジーを採用するだけで良いというものではありません。
まずはDX戦略について正しく理解し、ポイントを押さえた上で成功に向けて実行する必要があります。

DX戦略に取り組む前にデジタルの定義を確認しておく

DX戦略を有効に活用できれば、メルカリやUberのように競合他社を出し抜き、優位に立つこともできます。
DX戦略に取り組むには、「デジタルテクノロジー」というものの定義を改めて確認しておくことが大切です。
ただのIT技術と認識してしまうと、ビジネスにおける「変革」、つまり「既存の価値観や概念に囚われない革新的なイノベーション」まで辿りつくのは難しいでしょう。

DX戦略には多大なリソースと時間、労力を要しますし、リスクも伴います。
そのためデジタルがもたらす企業へのメリット、DX戦略の必要性、リスクへの備えなどを踏まえてしっかりと取り組む必要があるのです。

DX戦略を進める上で必要な考え方として、「将来的に自社が扱う事業がなくなるかもしれない」という経営陣による危機感です。
そしてビジネスにどのようにデジタル技術を生かせば革新となるのか、経営戦略を明確に打ち出します。
DX戦略により成功した企業は、その多くが企業のトップ層により指揮が取られていることも留意しておきましょう。

DX戦略で成功する秘訣

DX戦略で成功するメリットには、収益向上はもちろん、コスト削減やユーザーとの関係性の向上も考えられます。
DX戦略に取り組んでから、その努力が実を結ぶまでには数年かかると言われています。
成功するためにはただ闇雲にDX戦略を進めるのではなく、しっかりとビジョンを描き、ITへの投資を重要視することがポイントです。

デジタル化にはじまり効率化、そして共通化、組織化、最適化という流れでDX戦略を進めていきます。
デジタル技術を生かして個別作業を効率化できたら、類似した作業も共通化してスリムアップを図ります。
徐々に視点を広げてクラウドやAIを用いて他の作業と組織化し、最終段階でさらに最適化できれば、今までにないビジネスモデルや新しい価値観の誕生となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です