Home   バイク業界の情報   2019年のバイク業界の動向について

2019年のバイク業界の動向について

バイクの電動化について

最近はどんなものでも電動化になる事が多いのですが、その動きがバイク業界にも起こっています。
というのも、バイクの電動化が世界でも広く行われるようになっていますので2019年にはその動きがだんだんと日本に及んできそうです。
その根拠として、2018年にハーレーダビッドソン初の電動バイクが発表されたことでバイク業界もざわつき始めたのではないでしょうか。
このようなことはひと昔前には考えられないような画期的なことです。

そして家電見本市「CES 2019」でも大きな動きがあり、人々をあっと言わせています。
その動きについてご紹介しますと、2019年の秋にアメリカで発売される予定の「LiveWire」の実車を公開し予約受付も開始したのです。
それに続く軽量のモデルも2台が続々と発表になり、いよいよバイクの電動化が本格的に動き出したという感じでしょうか。
「LiveWire」のスペック、価格共に発表になっていますからいよいよアメリカは本腰を上げてバイクの電動化に踏み切ったのです。

そうなりますと日本もこのままではいられないでしょう。
2018年の年末にくCXハイブリッドに続くPCXエレクトリックがホンダからリース発売になるなど、話題に事欠かせません。
このPCXエレクトリックについてもう少々説明しますと、都市型のコミュニケーションになるような電動バイクでレンタルサービスをしたり何人かでシェアしたりできるようになっています。
もしかしたら、駐車場などが少なく車を持つ人が余りいない都市部からこうしたサービスが流行していくようになるかもしれません。

その他にも電動化の兆しが続々と見えます。
たとえばEICMA2018でわかったことですが、KYMCOから6速ミッション搭載のEVスーパースポーツ「SUPER NEX」が発表されました。
それだけではなく電動ビッグスクーター「VX-1」や屋根付き3輪コミューターの電動版「AD1-E」が続々とADIVAからデビューしたのです。
これらは高速道路も走れるバイクなので目的地に行くのにも時間がかからないで行けるでしょう。

2019シーズンからMotoGPのサポートレース「MotoE」の開催もありますので、こういった動きは良いタイミングです。
もはや電動化の動きは世界でも主流になりつつあるので止める事は出来ないのではないでしょうか。

中量級アドベンチャーに期待

中量級アドベンチャーとはそれほど大きくない扱いやすいサイズとパワーを持ったアドベンチャーバイクのことを言います。
今後はそういった中量級のアドベンチャーの市場に注目が集まっているのをご存知でしょうか。

ゆるオフ系と言われるモデルもその仲間で「スクランブラー」や「ダートトラッカー」がそうです。
雰囲気やスタイリングといった外見重視ではなく、林道もオフロードといわれる本格的なところも走れるというモデルがもてはやされるのではないでしょうか。
最新モデルがまさにそのタイプのバイクなので今後ますます人気が高まる兆しです。

Comments are closed.
Get Best Services from Our Business.