Home   お店を始めるには   どうやって宣伝するか?

どうやって宣伝するか?

バイク屋に限らず、お店を作ったときに重要なのが「どういった方法で宣伝をするか」です。

宣伝ってすごく大事だと思いませんか?
せっかくお店を作っても、人が来なかったらお店を存続させることはできません。
そう考えると、開業するだけでなく「どう宣伝していくか」ということが大切なのがわかります。

●宣伝費も馬鹿になりません
バイク屋をやるなら、まずは「宣伝費」のことをしっかり考えなければなりません。
それでなくても「バイクに乗りたい」という人が減っている昨今、その土地に住んでいるライダーたちに「こういうお店がありますよ」などと宣伝することは、とても重要なことになります。

バイク屋を開業するとなると、設立費用やどこまでお金をかけて改装するかが気になる人もいますが、それだけでなく「宣伝費」を組み込んでおくことも大事。特に、最初は「宣伝費がかかる」ということをしっかり自覚した方がいいです。

まずは、地域の人に自分のお店のことを知ってもらうことからはじめましょう。
「こういうお店がありますよ」ということをまず知ってもらうこと、話はそれからです。

●必ず老舗のバイク屋がある
バイクの販売台数が減ってきているとはいえ、いまだに大手が強いのはバイク業界も同じ。
地域には、必ずひとつは老舗のバイク屋があり、多くのライダーは既に「何かあったときに頼れるバイク屋」を見つけてしまっている可能性もあります。
つまり、バイク屋を開業するということはそういった老舗と戦うということでもあります。
これまで長くその土地で商売しているお店から、顧客をとるというのは決して簡単なことではありません。
価格を安くすれば最初はお客さんがきますが、それだけでは顧客をとることができません。
いかにして顧客を増やすか?それが、バイク屋にはとても必要なことです。

インターネットのブログなど、今は無料で宣伝ができるツールがたくさんあります。
とりあえずそこで宣伝をしつつ他のバイク屋との差別化を測り奈あらやっていきましょう。
バイクを売るというのは大変な努力が必要なこと。これは現実ですので、しっかりと販売計画をうった上で売っていくことが重要です。
当たり前ですが、無謀なことは絶対にやらないこと。これもすごく大切なことなので、がんばって守ってみてください。
まずは最初の計画をたて宣伝を、立てることが重要です。

きちんとした計画を立て、周囲のひとにきちんとバイク屋をしってもらえるような工夫をしていきましょう。

Comments are closed.