Home   お店を始めるには   求められているものを売る

求められているものを売る

バイク屋を開業するにあたって大切なのは、「お客さんになりうる人は、どのような商品を欲しいと思っているのか」ということをあらかじめきちんとさぐること。
当然のことですが、お客さんは自分が欲しいと思っているものでないと買うことはしないでしょう。

しかし、バイク好きが高じてショップを開いてしまったようなタイプの人の場合、こういった部分が見えなくなってしまっている・・・ということが往々にしてあるのです。
自分が好きな車種であったり、自分が良いと思うものだけを揃えたショップを開いてしまい、しかしそれらはあまり需要がなく、結果として売れないままというケースも少なくありません。

こういった「趣味を仕事に」と考えるタイプの人は、「自分の好きなものだけに囲まれた空間で仕事をしたい」などと夢見がちなことを考える傾向にあります。
しかし、商売というのはそんなに甘くはないのです。

商売としてバイクを売りたいと考えるのであれば、自分の好みよりもまず、需要のある商品を揃えることが大切です。
自分なりのこだわりなどは、ショップが軌道に乗ってから少しずつやっていけばいいということ。
まずは、売り上げを一定のところまで伸ばしていくことが大切なのです。

どのような商品が売れているのかを知るためには、まず、既存のショップを参考に情報収集することからスタートします。
最近は多くのネットショップがありますから、そういったショップの「売り上げランキング」などを見れば、どのような商品が売れているのかは一目瞭然です。

そして、こういった情報をもとに、自分のショップにどのような商品が必要なのかを考えます。
必要とされている商品をショップに置けば、当然、それを買う人も出てくるということです。

また、実際のバイクショップに足を運んで、目立つところにどのような商品がディスプレイされているのかを観察してみることも役に立つかもしれません。
このときに注意したいのは、売れている、人気のあるバイクショップに行くこと。

バイクショップの中には、店舗をかまえているものの店舗に新規のお客さんは全く来ない状態で、以前にそのショップでバイクを買ったお客さんに向けたアフターサービスや修理、メンテナンスをしているだけ・・・というショップも少なくありません。

人気の店の売れ筋を参考にすれば、自分のショップも売れる店になれるかもしれないのです。

Comments are closed.