Home   バイク屋オーナーという生き方   先人に学ぶ~丸富オート販売 小塚 純さん~

先人に学ぶ~丸富オート販売 小塚 純さん~

ハーレーの老舗「丸富オート販売」の小塚 純さん

丸富オート販売はハーレーの取り扱いに関し30年という長い歴史を持っているバイク店の中の老舗です。

ハーレーを長年見続けてきたお店だからこそ分かるハーレーのこと、メーカーのこと、さまざまな事を小塚 純さんに聞いてみるとわかりにくかった色々な事が次第に明確になってきます。

ハーレーに乗る人が多くなっている現代

昔道を走っていてハーレーをみると、「あ、ハーレーだ、すげー」と珍しげに眺めたものですが、現代は街でハーレーを見ることも珍しい事ではなくなっており、丸富オート販売の小塚 純さんに聞いてみると、実際10年前と比較して国内入荷数が5倍くらいに上がっているといいます。

国内にハーレーの台数が少なかった時代、ハーレーに乗りたいという方は店頭にあるものを購入されていた、また少ない台数のものは入荷を待つことが必要でした。
現在はこうした待ちの時間も短くなり、国内のハーレー台数の比べ物にならないほど増えています。

希望する車種、カラーがもし今も簡単に手に入るようになっていなければ、今だハーレーは少ない台数だったかもしれないと小塚 純さんは話します。
現代は若い顧客から、リターンライダーと呼ばれる、昔若い時にハーレーが欲しくて仕方なかった世代のご年配の方が求めてこられることが多くなっているといいます。

あこがれ続けられるバイク「ハーレー」は珍しいバイク

ハーレーを古くから扱っている老舗として、小塚 純さんが感じるのは、ハーレーというバイクの特異性です。
これほど長い間、愛され続けているバイク、あこがれ続けられるバイクは、その他のバイクをみても非常に珍しい事なのです。

品質などについてはハーレーも近年非常に高いものとなっていて、扱いやすくなっているということから、若い人、また女性ももちろんハーレーを乗りこなすことができるようになっていますし、その中でもハーレーらしさを持っているということが大きな魅力です。

フルモデルチェンジしたハーレーなのに旧式のものとじっくり見比べなければならないほど、そのイメージも変わらないバイクがハーレーなのです。

老舗として伝えていくことが正規ディーラーの役割

古くからバイクに囲まれて育ち現在その老舗と呼ばれる丸富オート販売を経営している小塚 純さんは、ハーレーの正規ディーラーとして、果たすべく役割があるといいます。

それは、現在の新しいハーレーについてその質のよさを説明するという役割、そして、ハーレーが従来持っているよさも共に伝えていくという役割です。
何年たっても変わらないハーレーの魅力を今に伝える、その役割を小塚 純さんたち正規ディーラーが持っていると伝えています。

Comments are closed.