Home   バイク開業理想と現実   共同経営者は絶対に見つけた方がいい

共同経営者は絶対に見つけた方がいい

○好きなだけで会社を運営することはできない
当たり前の話ですが、単に「バイクが好き」というだけで、バイク屋を運営するということはできません。
やはり、会社を運営していく以上「バイクに関する知識だけでなく、経営に関する知識があること」が、お店を運営するための最低限の条件になります。
ここを間違ってしまう人が多いので、気を付けなければなりません。
いくら好きでも、だから儲かるバイクショップを作ることができるわけではない、ということを自覚し、きちんと考えていくことがバイク屋の健全な経営に繫がって行くのではないでしょうか。
特に、経営をしたことがないという人は「共同経営者を見つけることで、きちんとした経営をすることができる可能性が増える」ということだけは知っておいた方がいいです。
そうじゃないと、やはり共同経営は難しいと言わざるを得ません。
では、共同経営とは一体どんな風に難しいのでしょう。

○経営は先をみて行わなければならないもの
経営と言うのは、そのときだけでなく先を見て行わなければならないものだということを忘れてはいけません。
今が良くても、先細りになってしまってはその企業に先はないということになってしまうでしょう。
それを考えれば、やはり共同経営者を探してきっちりと頼ることができる相手と経営をしておく方がいいです。
事業計画を立てていくのは本当に大変なことになりますので、そのことを頭に入れておきましょう。

○資金的な問題
共同経営をするには、やはり「資金的な問題」についてもきちんと考えていかなければなりません。
資金的な問題を解決することができないと、どうしても経営が苦しくなります。もしくは、経営をすることができなくなってしまいますよね。
出資金が足りないというのは経営者とって致命的なことになりますので、やはり安定した経営を目指すためには「資金のためにも、安心して任せることができる共同経営者を見つける」ということが大事です。
これは本当に大切なことになりますので、ぜひとも「資金的な問題」を一緒に解決していくことができるような、頼りがいのあるパートナーを見つけてみましょう。
また、その資金をどうやって使っていくのかについても、相談をすることができる相手を探していくことが重要です。

共同経営者を見つけることで、ショップの運営はぐんと楽なものになるはず。
ぜひ、共同経営者を見つけて、一緒に経営をしてみてください。二人いれば楽しいことも2倍になるはずですよ。

Comments are closed.