Home   バイク開業理想と現実   共同経営者との決め事

共同経営者との決め事

○共同経営者を見つけたら、きちんと決めごとを作っておくことが大事
まず、共同経営者をみつけたらきちんと「決め事」を作っておくことが大事です。
その共同経営者がたとえ友人だったとしても、きちんと役割分担なりなんなりを決めてかないと「なあなあの経営」になってしまい、その後の二人の関係が悪化することも考えられます。
また、共同経営者との関係が悪くなってしまった場合、だからといってさっさとやめられてしまうのも怖いです。
このように、いろいろと気を付けなければならないことが出てきますので、「共同経営者を見つけるときは、きちんと相手との決め事をしておく」ということは何よりも大切なことになります。
では、どういった決め事をすればいいのかについて考えていきましょう。

○誰がどういった役割を担うのかについて考える
まず、必要なのが「役割分担」になります。
誰がどういった形で役割を担うのか、それをしっかりと考えましょう。
そうじゃないと誰がどんな役割を担うのかが解りにくくなり、経営がぐちゃぐちゃになってしまうということになりかねません。これは、経営をする上で本当に大事なことなので、あらかじめきちんと考えておくことが大事です。
言ってみれば、「どちらがどこまで干渉するのか」という話になってきますので、ぜひともこの共同経営者にかんしては「役割分担を考えてみてください。
役割分担は、本当に大切なことです。

○報酬の支払いについて
つまり、お給料をどう支払う給料と言う問題ですね。
一緒に働くのですから、当然のことながらお給料についても考えていかなければなりません。
共同経営者の中には、毎日出勤せず会議のときや週に一度だけ出社などというケースもありますので、そういった点はどうするのか?について考えていきましょう。
この報酬の支払いについてはきちんと考えていかないと、後にもめ事になってしまう可能性がありますので、注意が必要ですよ。
最初にきちんとお金のことについてはしっかりと考えておくことが大事です。

○最初に決めなければならないことはキチンと決めておくこと
最初に決めなくてはならないことについては、きちんと決めてくことが大事です。
そうじゃないと、どうしてもあとからもめ事になり分裂のきっかけになってしまいますので、きちんとどうするかを考えていきましょう。
これは本当に大切なことになりますので、注意しましょう。
最初にきちんと決めるべきことは決めておくこと、これは本当に大切なことになるので、最初になにをおいてもやっておかれることをオススメします。

Comments are closed.