Home   バイク開業理想と現実   甘い言葉に気をつける

甘い言葉に気をつける

バイク屋を個人で新しく開業する方法にもいろいろありますが、最も費用が少なくてすみ、かつ経験が浅くても気軽に始めることができる方法は、インターネットを使ったオンラインショップサイトを新しくインターネット上に開設することではないでしょうか。
インターネットを使った方法であれば、まず、一番のメリットとして店舗が必要ないということが挙げられます。
店舗を持つということは、並大抵のことではありません。
まず、きちんとした実績のない人間に、店舗用の物件を貸してくれるという不動産事業者はまずいないといっていいのではないでしょうか?

そして、万が一貸してもらえる見込みがあったとしても、そのためにはたくさんの費用がかかります。
まず、物件を借りるには保証金が必要になりますし、それとは別に敷金や礼金といった費用も必要となる場合がおそらくほとんどなのではないでしょうか。

そして、それにくわえて保証人のサインも必要となりますが、まだなんの実績もない店舗の保証人になってくれるなどというひとが、はたしているのでしょうか。
自分がそのような店の保証人になりたいかどうかということを考えてみれば、それはわかるはずです。

それにも関わらず、「自分の店」をもつということに憧れるがあまり借金をして実店舗を持ってしまうひともいるのですが、そんなことをしてもその先に待っているのは自己破産だけです。

とはいっても、ネットショップだからリスクがないというわけではありません。
ネットショップであっても、それはものを売買しているのですから、当然リスクはあるのです。
ところが、世の中にはインターネットでものを売るのであればさもリスクがゼロであるかのように主張する人が存在するのです。

そして、そのような人は「こうすればかならず儲かる」といった内容のマニュアルなどを販売する業者も存在しているのです。
そのようなものを丸ごと信じて、その通りにやろうとしてもうまくいくはずがないことは火を見るより明らかでしょう。
それにも関わらず、だまされてしまい失敗する人はすくなくないもの。
バイク屋開業にあたっては、そういったことにも気をつけなければならないのです。

バイク屋開業にあたっては、このようなビジネスにおける常識的な感覚も必要になります。

Comments are closed.